さとり、愛、豊かさ… 幸せに生きるためのヒントをささやかに綴っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さとりと瞑想の日々

このブログを見てくれているあなたへ…

どうも、お久しぶりです。

訪問してくれて、本当にありがとう^^

私、わたなべあゆむは、この数ヶ月、人生でかってないほどの、苦しみを体験し、
暗闇の中を歩いていました…

その間、このブログも、また他のたくさんのブログも全く更新できていませんでした。

ブログだけでなく、普通の社会生活も送れなくなっていました…

まあ、本当にいろんなことがあったわけで、僕が体験したことは、
同じような境遇になった方々、人生を苦しんでいる方々にとっては、少しは役にたつところもあると思うので、

僕がかかった心の病気と、そこから回復した方法については、おいおい、このブログにて、公開していこうと思います。

とにかく、今、こうやってブログに記事をかけるようになるまでには回復することができました。

ご心配をかけた皆様には、温かく見守っていただき、本当に感謝しています。

さて、本当のタイトルは

「さとりと瞑想の日々」

となっています。

ここ3ヶ月ほどの間、僕が毎日何をやっていたかというと、

さとりを開くために瞑想と読書ばかりをやってきました。

その結果、いくつか、人生を変える大きな喜びと気づきがありましたので、その気づきと真実をざっくりと紹介しますね。

★さとりとは「自我」を捨てること(手放す・赦す・受け入れる)

★人生が苦しいのは「自我」が抵抗しているから

★自我とはすなわち「思考」のことである

★「思考」は、「いまここ」ではなく、たいていは、過去や未来のことばかり考えている

★「思考」は、不安や恐れが大好きで、それに囚われてしまう

★「思考」「自我」そのものと、一体化して、ほとんどの人が生きている

★「思考」「自我」から離れて(観察して)、「真我」に生きることがさとりであり、人生の目的である

★さとりを開くために、最も有効な手段は、瞑想、そして、自分の思考を観察することである。

★さとりを開いても自我や思考が消えるわけではない

★さとりを開いても聖人君子になるわけではない

★物欲にかたむきすぎるのもダメ、スピリチュアルに傾きすぎるのもダメ、バランスが大事

★豊かさは善。豊かであるということは、心も豊かにする。

★大切なのは、自分を大切にし、自分らしく生きること

★本当に自分が好きなことをして生きれば、経済的な豊かさは必ずついてくる

★自分が望むままに生きることが宇宙・神の望み

★全ての魂は救われる(救われている)

★宇宙を神を自分を完全に信じきることがさとり


などなどです。

この3か月で、さとり、瞑想、がらみの本を30冊以上は読みました。(ナチュラル・スピリット社の本を中心に)

どの本も役にたったし、そしておもしろいことにどの本にも同じ内容が書かれていました。

著者の体験や解釈、切り口には若干の違いがありますが、本質的な内容はどれも同じです。

それは、宇宙の本質は一つであり、同じなので、当然と言えば当然ですが…

とにかく、

ダメ人間だった僕でも、なんとかさとりの入り口に立つことができるようになりました。

人生を悩んでいたり、苦しんでいる人、また、自分らしく生きたい人。

スピリチュアルを勉強している人、宗教でなやんでいる人。

不安障害とか、うつ病で悩んでいるひと…

とにかく幸せになりたい人…

そういった人たちのために、僕は、このブログを更新していこうと思います。

伝えたいことはたくさんありますので。

それでは、また!

「ほぼ日」にならって、コメント覧は公開していません。
僕への質問やメッセージのある方は、
ayumu★webbizworks.com
(★を@に変えてね)
まで、メールください。
返事は100パーセントしますので(・∀・)

PS
この3か月に読んだ本はどれも役にたちましたが、最近読んだ本ですごくわかりやすかったのは、下記の二冊です。



この、やまがみてるおさんの「「いまここ」にさとりを選択する生きかた―21世紀のさとり読本 (覚醒ブックス)」
は、かなりわかりやすかった本です。
個人の体験談がなかったのは少し残念ですが、イラストも抱負で、さとりとか、宇宙の真理、また個人的な幸せを追求していく上でも、非常に有用な本です。


また、同時並行して読んだ、この本もおすすめです



阿部敏郎さんの本を読むのは、これで三冊目ですが、どの本もわかりやすくて面白いのですが、この本は、すごく入ってきましたし、一晩で、すっと読むことが出来ました。
この手の本を読むときは、僕は、何度も頭の中で咀嚼しながら返り読みをするので、時間がかかるのですが、この本は、マックスなスピードで、ひっかかりなく、読むことができました。
笑える部分も多く、なんども深くうなずきながら、読みました。

他にもいい本はいっぱいあるので、このブログで紹介していきます!


コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

プロフィール

わたなべあゆむ

Author:わたなべあゆむ
みんなで幸せになりましょう♪
photo=あゆむinモンゴル

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村 ポチっとな!^^
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。