さとり、愛、豊かさ… 幸せに生きるためのヒントをささやかに綴っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は特に書くことはないんだけれども…

ネタはありません…

でもなにか書こうかなと…

今日はちょっとだけショックな出来事がありました…

家に帰ってくると、奥さんがすぐに僕に報告してきたんです。

小3の息子が放課後に友達を遊んでいて、ケンカになって、顔をグーでなぐられて、口からいっぱい血が出たと…

息子は口の中にティッシュをつめて、うまくしゃべれない状態で、上唇が大きく腫れ上がってました。

血もまだとまってなくて、口につめているティッシュがみるみる真っ赤に染まっていきます。

見るからに痛々しくて、かわいそうでした。


でも、病院に行かないといけないぐらいひどい状況ではなかったし、やがてキレイに治ると思うので、不幸中の幸いというか、まあこの程度で済んで良かったなと思いました。

大怪我とかしてたわけではないし、息子は痛かったし、つらかっただろうけど、逆に誰かを傷つけたわけではなかったので、良かったなと…。


子どもってやっぱりすごい存在で、自分より大切な存在です。

子どもを授かるまでは、人間ってやっぱり自分なんだと思う。

自分が主人公だし、自分が中心だし、彼女がいても、嫁がいても、最終的には自分が一番大事なんだと思う。

恋人ともかも熱愛中はその人のためなら死ねる…

とか思っていても、別れたとたんに気持ちが冷めたり、逆恨みしたりすることもありがちだし…


でも、子どもは違う。

子どもは何があっても、守りたいし、自分より大切な存在だと思う。


この感覚はすごく新鮮で、親になってはじめてわかった。


でも、そんなにも大切な存在である子どもを授かって本当によかった。

僕は息子と娘がいるけど、この二人に出会えただけで、僕の人生は成功だったと思う。

このあたりの感覚というか価値観は奧さんともぴったり一致している。


神さまの愛は無条件っていうけど、その感覚がよくわかる。

この世でもっとも強い愛は、神さまが人間を愛している心で、それに一番近くて、二番目に強い愛は、母親が我が子を愛する気持ちだという。

僕にはその感覚がよくわかる。男だけれども。


虐待とかってほんとうにありえんけど、きっとその親も虐待を受けていたりしたんだろうと思う。

同情もできないし、無責任だと思うけど、こういう負の連鎖を終わらせたいと思う。

みんなが愛しあって生きられれば本当にいいんだけど…


僕たちが生きているリアルワールドは、まことに複雑なもんですね。


身近なところから愛を拡げていきたいと思う。


(・∀・)

ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

プロフィール

わたなべあゆむ

Author:わたなべあゆむ
みんなで幸せになりましょう♪
photo=あゆむinモンゴル

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村 ポチっとな!^^
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。