さとり、愛、豊かさ… 幸せに生きるためのヒントをささやかに綴っています。

 

月別アーカイブ:2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙して6日もたってしまったわけなんです…

あゆむを苦しめていたもの…

それはタバコです。

15で吸いはじめて、かれこれ20年以上、タバコは常に僕と共にありました。

いい時も、悪い時も、どんなときもタバコと共にありました。

でも、20年も吸い続けていると、カラダのダメージは相当なようで、夜中に呼吸が苦しくなって「ヤバイ…」と思うようなことも時々ありました。

どっちにしても、一生吸い続けるようなものではありません。

あゆむは実は別にサイトを作っていて、それは

100個チャレンジにチャレンジ

というサイトなんだけど、簡単に言うと自分のモノを捨てて、100個まで絞りこむというチャレンジなのですが、その最初に捨てるもの、捨てたいモノを考えた時にまずタバコだろうなと思ったわけです。

禁煙には何度も挫折してきたので、あまり大きなことは言えないんですけど、僕もそろそろ人生をちゃんと考えないとなと…

ここまでの心境ですが、よしタバコやめると思って最後の一本を吸って、寝て、翌日の朝は目覚めて一番に「ヤッター、もう吸わなくていいんだ!」と思いました。

でも、数時間たつと、やっぱり気持ちがそわそわ…。

でも、とにかく気持ちを切り替えて、乗り切りました。

その翌日の二日目が一番キツかったですね。

3日目もキツかった…。

で、気づけば今日は6日目なんだけど、その喫煙衝動は徐々に小さくなっていってます。

でも、もちろんどこかで、吸いたい気持ちはまだ、あります。

でも、この壁を乗り越えたら、ナチュラルに衝動がなくなるんじゃないかなと。

禁煙に関する本は禁煙セラピーをはじめ、8冊ほど家にあります。

理論武装はできています。

半年ほどたって禁煙に成功していることが確信できたら、禁煙応援サイトを立ち上げようなんて思ってます。

今日も、来てくれてありがとう。
もしあなたがスモーカーなら、いつの日かノンスモーカーになれますように…


あなたの応援クリックにいつも感謝しています。


それでは、また!
スポンサーサイト

幸福というものは、一人では決して味わえないものです。

「幸福というものは、一人では決して味わえないものです。」
by,アルブーゾフ


アルブーゾフ(1908-1986)はソ連の劇作家で、上の言葉は彼の作品「イルクーツク物語」からの引用です。

この名言は真実だと思います。

あたりまえのことですが、どんなにお金があっても、仕事に恵まれていても、才能があっても、それを共に分かち合える人、一緒に喜んでくれる人、応援してくれる人が一人もいなかったら、そんなむなしいことはないですね。

逆に言うと、たとえ生活が少々苦しくても(豊かにこしたことはありませんが…)、大失敗をやらかしたとしても、秀でた才能がなかったとしても、自分の喜びや悲しみを共にわかちあってくれる人が、一人でもいるならば、それはすごく幸せなことなんだと思います。

こんな名言もあります。

「我々は、 幸福になるためによりも、 幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである」
by,ラ・ロシュフコー


ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世(1613-1680)は、フランスの貴族、モラリスト文学者。

この名言も大切なところをついていると思います。

仕事・年収とか家の大きさとか、持っている車とか、学歴とか(自分や子供)、恋人の容姿とか、人間というのは、ついつい人と比べてしまいます。

そこに大いなる不幸の原因が潜んでいるんです。

特に、テレビやマスコミの影響は甚大なので、セレブ特集とか、金持ちの豪邸見学とか、あとはテレビに出ている人は基本的に美男美女や成功者なので、そういった世界を見ていると、自分の生活が惨めに思えたり、不平不満、満たされない気持になってしまうのだと思います。

もちろん人間誰しも、古くて狭い家より新しくて大きな家のほうがいいのは当然です(僕ももちろんそうです)。

僕が何を言いたいのかというと、家の大きさを比べるように、何かを誰かと比べることで幸せを計るというのは不毛だということです。

まさに

「我々は、 幸福になるためによりも、 幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである」

という状況が往々にしてあるんじゃないかなと…。

大事なことは、僕はいつも自分自身にも言い聞かせているだけど、

自分軸を持つ

ということだと思います。

こんな名言もあります。


「他人の人生を歩むな。自分軸を持って自分の人生を歩め」
by,わたなべあゆむ



自分軸を持っている人は強いです。

人にどう見られているか、どう評価されているか、ということを中心にして生きることは、人生を不毛にします。
(人の評価はコロコロ変わる。それに人の評価を、つまり他人の考えや心をどうやってコントロールすることができる!?)

コントロールできるのは自分だけ

まさに

「世の人は、われをなにともゆわばいえ、
わがなすことはわれのみぞ知る」 
by,坂本龍馬


僕は坂本龍馬の大ファン(東山のお墓にも、桂浜の龍馬像にもご挨拶に行きました)ですが、この歌を16歳で詠んだ龍馬は、まさに自分軸をしっかりと持っている人でした。

だからこそ、あれだけの大事業を成し遂げ、誰からも愛され、そして歴史に名を刻んだんだと思います。

誰もが龍馬のように歴史に名を残せるわけではないですが、龍馬のように自分軸をもって、自分の夢を追いかけ、熱く人生を生きることは可能だと思います。

とにかく人間は死ぬ。

才能のある人も、ない人も、男前もブサイクも、金持ちも貧乏人も、みんか確実にいつかは死ぬ。

死亡率100%の人間。

その一回きりの人生を、誰かのために、他人の評価を気にしながら他人軸で生きていいのだろうか!?

この一回きりの人生を、自分の夢を持って、自分の信じた道を、自分軸をもって生きてもいいのではないだろうか!?

コントロール不可能な他人の評価の中で人生を生きるより、コントロール可能な自分の想いや夢、希望を胸に生きるほうが、きっとずっと幸せに生きることができると僕は信じています。

そして何にフォーカスするか?

持っていないモノにフォーカスするのではなく、持っているものにフォーカス。

実は幸せはすでに自分の中にある、ということがよくあります。


今日も、来てくれてありがとう。
あなたの夢や希望がきっと実現しますように…


あなたの応援クリックにいつも感謝しています。


それでは、また!




何かが上手くいっていないなら、単に身体を動かせばいい。

こんばんは。わたなべあゆむです。

今日も来てくれてありがとう!

さてさて、あなたの人生は今、ハッピーに上手く転がってますか?

もし、何かが上手くいっていないなら、身体を動かすことをおすすめします。

僕は二ヶ月程前からフィットネスジムに通いだしました。

昔はサッカーとか陸上をやったり、20代の前半はジムに通ったりして、筋肉質な自分の身体を誇らしくすら思っていたのですが、この10年は仕事に追われ、運動のたぐいは一切してきませんでした。

「腹の出たオヤジにだけはなりたくない!」

これは20代の頃の僕の口癖ですが、30代も後半を迎えた僕の腹は、しっかりと? たるんできたのでありました。

寝起きも、仕事中もなんだかスッキリせず、疲ればたまりやすくなってました。

走ったり、ダッシュすることも出来なくなってきてました。

そして、何度か繰り返したぎっくり腰…。


このままではいけない…

ここはマジで肉体改造に取り組まなければ…

と、思い切って、再びジムの門をたたいたのでした。


久しぶりのストレッチ、筋トレ、有酸素運動…

確かにキツかったんですけど、それ以上に、


めちゃめちゃ気持が良かったんです。


それから二ヶ月、今では、ジムに行って、筋トレして、走って、泳いで、いい汗をかいて、最後にサウナとシャワーでさっぱりとして、そしてジムを出る瞬間「ああ、俺生きてる! 俺はまだまだ戦えると!」ファイテングポーズをとれるようになりました。


身体のキレが戻ると、頭脳のキレというか心のキレも戻ってきて、なんだか全身から元気・やる気がみなぎってくる感じがします。


心と身体は連動しているので、身体のコンディションをあげたら、気持のコンディションもあがるのは、当然なわけです。


忙しくて、とても運動なんて、出来ない… と思ってるあなた。

私もそう思ってました。

でも、自分が30代後半で再び運動をはじめて、心から実感していること。それは…


カラダを鍛えると、すべてのパフォーマンスが上がる。


仕事もプライベートも人間関係も…

なにもかもが好転していきます。費用対効果は抜群です。


近所を走るのも、もちろん悪くないです。

でも、続けていくためには、雰囲気も大事なので(僕は大好きなadidasのシューズやシャツをいくつか買ったんですが、それを身につけるだけで、テンションが上がります)ジムはおすすめです。

トレーナーが正しい筋トレやストレッチ、有酸素運動を指導してくれるし、エアロビ的なもの(最近はボディアタックとかボディパンプとか進化してます)やヨガなど、多彩なプログラムで、飽きることなく楽しみながら運動することができます。


最近、運動してないな… という方は、ぜひ運動されることをおすすめします。

カラダを動かすのって、とても気持がいいです。

人間ってそういうふうに本来できてるんだと思います。


今日も来てくれてありがとう!

運動はいいことずくめです。一ヶ月でカラダは十分変わります(純粋に脂肪だけで1.5キロ痩せ、かつ胸の筋肉がしっかりとつきました。お腹の贅肉を完全に落としきるにはまだ数ヶ月必要でしょうが、最近カラダがキレキレです)。
この喜びをあなたも、ぜひ味わってください。
自分への自信が5割ほどアップしますよ。


あなたの応援クリックにいつも感謝しています。


それでは、また!

生きろ! 自分の生きたいように生きろ。

今日もわたなべあゆむのブログに遊びにきてくれてありがとう。

このブログを読んでくれているあなた、

あなた

のために、今日はあゆむの熱きメッセージを送ります。

さて、あなたは今、自分の生きたいように生きていますか?

現代社会においては、様々な制限があります。

生まれた家の環境や、家族の存在。職場や学校の環境。

現実となんとか折り合いをつけるために…

生活のために…

家族のために… 子供のために…

でも、でも、環境や周囲の人の言葉で、自分を偽って生きることが本当にいいことなんだろうか?

自分よりも人の幸せを(例えば家族とか子供のためとか)、本心から願って、それが自分にとっての一番の幸せと得心できるのであれば、それはそれで一つの生き方だろう。

自分自身がハッピーで納得がいっているなら、それはそれで一つの幸せの形だと思う。

だけど、そこに無理があったり、本心でないならが、やっぱり自分の本当にしたいことを追い求めてもいいと思う。


先日亡くなった、僕の大好きなスティーブ・ジョブズも、こんな言葉を残しています。

「生きる時間は限られている。
 だから他人の人生を生きて
己の時間をムダにしないことだ。」

と…。


人は死ぬときに、やったことを後悔するんじゃなくて、やらなかったことを後悔するといわれています。

人だ誰でもいつか必ず死が訪れる。

いつかチャンスが訪れたら…

明日になったら…

明日はいつくるのだろう?

明日っていうのは今日なんだ。

そして…

Life is short. 人生は短い。


人の評価を基準に生きるのか、それとも自分の軸をしっかりもって、自分らしく生きるのか…。


僕は誰もが自分らしく生きていいと思う。やりたいことがあるならチャレンジしたらいいと思う。

人生は一度きり、失敗したっていい。その時はまた態勢を立てなおして、新たな世界に挑戦すればいいだけだ。

誰かのための人生を生きるよりも、自分のための人生を生きることが、きっとまわりの人の役にも立ち、また幸せを伝播していけるのだと思う。


過去は変えられない。未来も変えられない(明日、事故にあったり、大地震が起こるかどうかなんて誰にわかる!?)

変えられるのは、動かせるのは、今という瞬間だけ。

昨日と同じ毎日を生きていて、未来が変わるということがあるだろうか?

昨日と違う、新しい何か。自分がワクワクするような何かを始めてみませんか?


自分らしく生きたいと思うなら、この本がきっとあなたの背中を後押ししてくれると思います。
(少なくともあゆむの背中は強く押し出してくれました)
全世界で1670万部以上も売れただけの本だと思います。


「自分の価値」を高める力―365日、クリエイティブに生きる法



今日もブログを見てくれて、本当にありがとう。
なんだか少し熱い話になってしまったけど、僕はあなたがあなたらしく生き生きと生きれるように祈ってます。


あなたの応援クリックにいつも感謝しています。


それでは、また!

人生で迷ったら思い出して欲しい言葉

こんにちは。わたなべあゆむです。

今日も来てくれてありがとう!

昨日に続いて、今日も元気になる動画を紹介いたします。

それは
「【名言】人生で迷ったら思い出して欲しい言葉」です。

この手の動画はたくさんありますけど、この動画はまず曲がとてもいいです。
歌のタイトルもアーティストの名前もわかりませんが、心に染み入るような名曲です。

そして、動画に使用している映像や写真のセンスがとてもいいです。

言葉と曲と写真・画像がぴったり合っていて、見ているだけで本当に温かい気持になります。

また名言も芸能人とかじゃなく、偉人の言葉ばかりで、深い言葉の数々が魂に響きます。

「失敗を恐れる必要はない。恐れる必要があるのは、やりもしないで逃してしまうチャンスのほうである」
グレイ・マタ−

「私が後悔するのは、しなかったことであり、できなかったことではない」
イングリッド・バーグマン

「自分にできる限度をほんの少し越えたことを、毎日一つ実行せよ」
ローウェル・トマス

「愛する。それはお互いを見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向を見つめることである」
サン・テグジュペリ

これらの言葉が僕を強く後押しくてくれます。


どこの誰が作ってくれた動画かわかりませんけど、センス抜群なこの動画の作者に感謝です。

あなたの動画を見ただけで、僕は幸せな気持になりました。

みなさんもぜひ、見てください。

「【名言】人生で迷ったら思い出して欲しい言葉」


どうですか? 元気をもらえましたか?

ささやかでも、あなたにとって少しでもプラスになったなら幸いです。

人の動画を紹介するだけでなく、いつの日か、僕自身にみなさんに紹介できるような、温かい動画を作りたいと思います。その時はこのブログで紹介しますね。

今日も、わたなべあゆむのブログにあそびにきてくれて、本当にありがとう!

そして、昨日よりも素晴らしい今日があなたに訪れていますように…。


あなたの応援クリックにいつも感謝しています。

それでは、また!




僕たちを勇気づけてくれるストロングワーズ

みなさんこんにちは。わたなべあゆむのブログへようこそ!

さて、人生にはいろんなことがあります。

日本には古来より言葉には魂がこもるということで、言霊ということが言われますが、言葉って本当に強い力を持っていますよね。

そんな言葉は時に人を傷つけることもありますが、時に人を勇気付けるのもまた言葉です。


ONE PIECE STRONG WORDS 上巻 (集英社新書<ヴィジュアル版>)も最近脚光を浴びてますね。

ドラゴンボール派の僕としては、読みもせずにずっとアンチ・ワンピースできてたんですけど、たまたまテレビでやってた、


ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+(プラス) 冬に咲く、奇跡の桜 [DVD]
を見て、涙を流すほど感動して、一気にワンピースにハマってしまいました。

ワンピースも僕らに勇気をくれますが、ウェブの世界にも、僕たちを勇気づけてくれるストロングワーズがたくさん存在します。

下記のような動画はyoutubeにたくさんあります。


再生して、あなたもよかったら勇気をもらってください。

ささやかだけれども、役に立つかもしれません。

今日もわたなべあゆむのブログを訪問してくれてありがとう!
そして、今日も神さまの祝福があなたにありますように。


あなたの応援クリックにいつも感謝しています。

それでは、また!




スティーブ・ジョブズのようにプレゼンをしたい

今日もスティーブ・ジョブズのことを書きます。

新聞でもWEBでもスティーブ・ジョブズの記事ばかり見るので、そのたびに改めて偉大な天才がこの世を去ってしまったことに、悲しみを深くします。

きっとスティーブ・ジョブズの頭の中には、もっともっと実現させたいビジョンや製品があったと思います。

なんたって「宇宙に衝撃を与えるために仕事をしている」というような価値観の持ち主だったので…。

でも、これだけ多くの人々に愛されたスティーブ・ジョブズ、そして世界の人々のライフスタイルすら変えてしまったスティーブ・ジョブズはきっと、神さまから与えられた、この世での使命を全て終えて、天国に帰っていったのだと思います。

だから今は激務から開放されて、きっと天国でホッとしていることでしょう。

そして、これからもAppleを天国から見守ってくれると思います。


さて、
スティーブ・ジョブズといえば、プレゼンのうまさが有名です。

僕も仕事がら大勢の前で話をしたり、プレゼンをすることがあるので、スティーブ・ジョブズのようにプレゼンをしたいと思い、ずいぶんとスティーブ・ジョブズのプレゼン動画を見て研究しました。

たとえばこれ



iphoneを発表した時のプレゼンです。
この動画はぜひ見てください。
なぜ、iphoneは世界で爆発的に売れたのか、その理由がわかります。
スティーブ・ジョブズはプレゼンでApple製品に魔法をかけるんです。
みんな、欲しくなるんです。

どうやってスティーブ・ジョブズはプレゼンで聴衆に魔法をかけるのか!?
そのテクニックは全てこの本に書かれています。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

僕は発売日と同時に購入しました。

著者のカーマイン・ガロは、かなり深くスティーブ・ジョブズのプレゼンを研究・分析していて、かつ文章もわかりやすいので、プレゼンや人前で話をする上で、実務的にとても役に立つ本でした。

■最初に3つのポイントをあげて話をはじめること。

■スライドはシンプルにかつインパクトある数字を大きくいれること。

などなど、実際的な技をプレゼンに盛り込むことで、プレゼンの精度がグンと上がりました。

プレゼンをする人なら、一度は読んだほうがいいと思います。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則


ああ、それにしても、やっぱりスティーブ・ジョブズが亡くなってしまったことは、本当に寂しいですね。


今日もわたなべあゆむのブログを読みにきてくれてありがとうございました。

あなたの一日が今日も輝いていますように…。


あなたの応援クリックにいつも感謝しています。

それでは、また。




スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
プレゼンをする人にとってのバイブルです。


スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
今夜はこの本を読みなおして、スティーブ・ジョブズの昇天を偲ぼう。
スティーブ・ジョブズ流の仕事術… 全ての人に読んでほしい本です。



ささやかだけれども役に立つこと。スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチ

みなさん、こんにちは。

わたなべあゆむです。

このブログでは

ささやかだけれども役に立つことを書いていこうと思います。


さて、二日前にスティーブ・ジョブズがなくなりました。

このことは僕にとっては小さくないショックと悲しみを与えました。

僕の愛用しているMacBookProもiphoneもスティーブ・ジョブズがいなければ、この世に存在しませんでした。

もう、スティーブ・ジョブズのプレゼンやスピーチをこれから先見ることが出来ないと思うととても残念ですが、スティーブ・ジョブズは生前に素晴らしいプレゼンやスピーチを残してくれました。

特のこのスタンフォード大学でのスティーブ・ジョブズのスピーチは伝説のスピーチとよばれています。

日本語訳付きです。

ぜひ、ご覧ください。





今日もあなたの一日が幸せでありますように…


あなたの応援クリックにいつも感謝しています。

それでは、また!






プロフィール

わたなべあゆむ

Author:わたなべあゆむ
みんなで幸せになりましょう♪
photo=あゆむinモンゴル

最新記事
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村 ポチっとな!^^
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。